リア・ディゾン Leah Dizon リア・ディソン 

ここでは、リア・ディゾン Leah Dizon リア・ディソン  に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PROFILE
リア・ディゾンLeah Dizon

ネットで自らの撮影画像を公開する事がきっかけとなり、瞬く間に絶大なる人気となったリア・ディゾン。アメリカから日本へ来てグラビアデビューに至った背景など、リア・ディゾンの素顔へググっと迫り、プライベートの部分まで問いつめてみた。最後のページではリア・ディゾン最新情報と写真集もご紹介。

生年月日 :1986年9月24日 出身地 :アメリカ・ラスベガス サイズ :T167、B86/W60/H88/S24 血液型:O型 趣味:歌うこと、ダンス、買い物、絵を描くこと 特技:テニス、バトミントン

●ロサンゼルス在住当時に立ち上げたWebサイトに世界中からアクセスが集まり人気爆発したリア・ディソン。日本人ファンの尽力で現在のプロダクションに所属が決まって
2006年の春に来日。たちまちグラビアで大人気となる。日本語は日常生活で意志の疎通ができる程度にはこなせるが、現在さらに勉強中。今回のインタビューは、通訳を入れて行った。


ブログランキングでポチお願いしま♪。

年が明けたら、みんなとキスで祝福するの!

今年、日本の成人式に行ってきたんです。アメリカには成人式ってないんですよね。だからとても新鮮な経験でした。新しく着物を作って、和服で行ったんですよ。周りの女の子も着飾っていて、それを見ているだけでもすごく可愛くて。とても楽しかった。私は日本人じゃないのに、こんな体験ができたのはすごくラッキーでした。

参加したのは、世田谷区の成人式。今、プロダクションの社長のおうちの近くに住んでいて、それが世田谷なんです。日本のお正月も初体験。社長が招待してくれて、ご家族と一緒にのんびり過ごしました。大晦日は紅白を観て、年越しそばを食べて。おせち料理も食べましたね。ふふ、食べた話ばかりですね。そうそう、お雑煮も初めて食べました。お餅を食べるのも初めてで、口の中にくっつくのにビックリ。ちょっとパニックみたいにあわてちゃったの。ちゃんと神社に初詣にも行ったし。すごく素敵な日本のお正月初体験でした。


そういえば、去年の年末、自分のブログに「点滴を打った」ことを書いてファンのみなさんには心配かけちゃったんですよね。今はもうすごく元気。大丈夫です。お正月はいっぱい食べたしね(笑)。ほんとに、日本のお正月は素敵でした。あ、でもね「福袋」に向かって女の人がダッシュするのをニュースで見て驚いちゃった。まるで「Bull」(雄牛)みたいに気合いいっぱいですごいですよね。私も、ランニングシューズ履いて鉢巻きとか締めて行きたくなったの。

アメリカでも、大晦日の夜には花火大会が開かれたりして、みんなが集まってカウントダウンで盛り上がるんですよ。夜中の12時を過ぎて年が変わるとドーンって花火があがって、周りの人と祝福のキスをするんです。ラスベガスでも大晦日の夜は少し寒いけど、とても楽しい時間なんですよ。

お酒ですか? あまりお酒は好きじゃないんです。アメリカでは21歳にならないとまだお酒は飲んじゃいけないし。特別な日に、ワインを少し飲んだことがあるくらいかな。20歳になって成人式を体験して、少し変わったなと感じるのは、自分の将来について、今までよりももっと真剣に考えるようになったこと。もちろん、今までも考えていたんだけど、20歳の大人として、今まで以上に責任と自覚をもってお仕事に取り組んでいかなきゃって思ってます。

●次のページは、「日本では酔っぱらいの多さにびっくり」


日本では酔っぱらいの多さにびっくり。

私が生まれ育ったのはラスベガス。小さい頃は、すごくシャイでした。チアリーダーやってて活動的ではあったんだけど、心はシャイ。絵を描いたりダンスをするのが大好きで、なによりも音楽が大好きでしたね。

18歳でレースクイーンやモデルのお仕事をするためにロサンゼルスに行きました。日本のことは、ラスベガスにいる頃から大好きだったんですよ。ハイスクールに日本から来たお友達がいて、日本語の授業も受けていました。だから、来日する前から平仮名くらいは書けたんです。宇多田ヒカルとかSPEEDとか、J-POPが大好きで「KARAOKE」でよく歌っていたし。日本語で好きな言葉は「オネガイシマス」。あと「アオマキガミ、アカマキガミ、キマキガミ」。ふふふ、そう、早口言葉。なかなかでしょ。

日本のアニメは、ラスベガスのテレビでもちゃんと英語で放送されてて、『美少女戦士セーラームーン』は私が物心付いて最初に面白いと感じたテレビ番組だったほどなの。コスチュームも可愛いよね。私はまだ持ってないけど、あんな衣装で写真を撮って欲しいって思います。『ドラゴンボールZ』もお気に入り。ピッコロとかベジータとか。ベジータはサイヤ人でしょ。外国人として気持ちがわかるの(笑)。私が以前住んでいた街には「ウルトラマン通り」もあるし。あ、でもウルトラマンのことは、日本に来てから知りましたけど。


そうそう、私のおうちには「タタミ」の部屋があって、マットレスと布団を敷いて、ベッドルームにしてるんですよ。え? 布団って日本では毎日片づけるんですか? 知らなかったです。ベッドみたいにずっと置きっぱなしですよ。でも、シーツはちゃんと洗ってるから、大丈夫ですよね。

寝る時は、下着の上に大きめのTシャツをパジャマ替わりにしてますね。そう、Tシャツの裾が長いから、下には何も履かないの。ブラのサイズ? うーん、アメリカではCだったけど、日本のサイズはまだよくわからないですね。もう、なんだか変な質問ばかりですねぇ。

日本でちょっと驚いたのは、夜の街に酔っぱらいの人が多いこと。日本に来て1ヶ月目くらいのころ、酔っぱらった男の人に道でスカートめくられたことがあって。最低ですよね。女の子が酔っぱらって道で座り込んでいたのにも驚きました。その時は、一緒にいた人が「そっとしておこう」って言ってそのまま通り過ぎたんだけど、後から「何かしてあげればよかった」って罪悪感がこみ上げてきて。最近、新宿駅で電車を待っている時に、女の人が酔っぱらってベンチで寝ちゃってたんです。今度は見て見ぬふりはしないで、落ちてた鞄を拾ってあげて、声をかけてあげました。サラリーマンのみなさんもお酒を飲むことは多いでしょうけど、無茶しないように気をつけてくださいね。

日本に来るきっかけになったのは、インターネットのWebサイトでしたね。ロサンゼルスにいる頃に作った私のサイトを世界中のいろんな人が見てくれて。1年ほど前に、ファンの人が「日本においでよ」ってメールをくれたんです。今のプロダクションにもファンの人が「アメリカにこんなコがいる」って連絡してくれて。社長からまずはデモテープを送ってくれって連絡があったので、歌いながらダンスしているビデオを自分で撮って、ネット上で見られるようにしたんです。そう、インターネットがあったからこそ、こうして日本でデビューできたんですよね。

実は、韓国や香港、中国からもいろいろオファーをいただいたんですけど、高校で日本語を勉強していたし、親近感があったから、日本に来ることを決心しました。アメリカでは、モデルにはエージェントがいないのが普通。私も個人で活動していました。だから、何かあった時に守ってくれる人がいなくて、グラビアの仕事で何度かイヤな思いもしましたね。だから、日本に来たばかりの頃は「グラビアはイヤ」って言ってたんだけど、実際にやってみるとアメリカとは全然違う。社長をはじめとするプロダクションのスタッフはもちろん、制作スタッフのみなさんも信頼できるし、すごく楽しくやってます。

ファンのみなさんのおかげで、日本で順調に活動できているので、まずは夢だった歌手として、もっともっと活躍できるようになりたいですね。もちろん、演技も勉強してたし、ハリウッド映画にもチャンスがあれば出てみたいし。香港や韓国にもファンの方はたくさんいてくれるので、早く世界中で活躍できるようになることが目標ですね。そのためにも、今は歌とグラビアに全力でチャレンジしなきゃ。2月14日には、自分で歌詞を書いた『Without Your Love』という曲が発売されるんですよ。ぜひ聴いてくださいね。

理想の男性? 性格が一番大事ですね。面白くて、頭がいい人。プレイボーイはダメ。きちんとプライドをもってて、でも相手によって態度を変えたりせずに、同じように接することができる人がいいですね。ルックス的には、髪の色が濃くて、声が低い人が好きかな。日本の男性は素敵だと思います。というか、アメリカ人とか日本人とか関係ない。個人の魅力には国なんて関係ないでしょ。背が低いって気にする人がいるけど、身長なんて関係ないですよね。「ハイヒールは履かないで」なんて言われるとがっかりしちゃう。そんなこと気にしないで、堂々としてて欲しいですね。今は恋人を作るよりお仕事を頑張らなきゃって気持ちだけど。いつか、素敵な恋人と温泉の露天風呂とか、南の島のリゾートに旅できるといいですね。

サラリーマンのみなさんへメッセージですか? OK。じゃあ、最後は英語で締めくくりますね。

Hello Salaryman!
Thank you for supporting me!
Please take time to relax! Atleast 30 minutes a day!
I like business suits. Kakkoii!
Good job!








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kirin0206.blog78.fc2.com/tb.php/62-97013076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。